FC2ブログ
甲州の猿橋
今日は3連休の月曜日、気分転換に久々のドライブです。
2度ほど行ったことのある日本三奇橋のひとつ、大月の「猿橋」に行ってきました。
天気が悪かったせいか、あまり人気が無いのか、観光客はまばらで、ゆっくり見学が出来ました。
猿橋1
猿橋は620年頃に作られたと言われておりますが、はっきりとは分からないそうです。
桂川が長年岩山を削って出来た深い渓谷に、猿が手を繋ぎ、橋を作ったとされる伝説をモデルに百済の渡来人が橋を架けたと言われています。
猿橋2

























その珍しい作りから、本当に何匹もの猿が手を繋いで橋脚になり、橋桁を支えているように見えるから不思議です。
猿橋3
橋の近くには白毛の猿の彫刻がありますが、日蓮上人が身延山に行く途中で桂川を渡れず、それを何百匹もの白毛の猿が桂川に橋を掛けて助けたとの謂れがあります。
その様な有名な猿が、何故かトイレの裏に隠れています、裏に廻って発見しました。
猿橋4

























お腹が空いたので、橋のたもとにある大黒屋さんで、お決まりの天ぷらそばを食べましたが、なかなか美味しかったですよ。
猿橋5
猿橋6
猿橋に行くたびに、重機も無い時代に木を組んだだけでこれだけの橋を作った先人の知恵と努力に感服します。
猿橋7
皆さんも是非一度は行って見てはいかがですか、ちなみに日本奇橋の残りの二つは、岩国の錦帯橋と黒部の愛本橋と言われていますが、その他にも数か所あるようですよ。

イベントたけし


2018/11/21(Wed) | イベントたけし | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://busyusangyo.blog.fc2.com/tb.php/320-ccbe9968
前のページ ホームに戻る 次のページ