2017オリンピックデーラン川越大会
【オリンピックデーランは全世界で行われており、日本でもJOC主催で毎年全国で開催、ジョギングを中心に、オリンピック選手と一緒に走ることで、スポーツの楽しさとオリンピックの基本精神の理解を促します】

3月31日(土曜日)川越運動公園にてJOCと川越市が主催で、オリンピックデーラン川越大会が開催されました。

当社に聖火台のトーチにガスを供給してほしいとの依頼があり、前日の金曜日にセッティングと予行演習、当日は朝8時に予行演習を行い、本番を待つばかりとなりました。
001 (500x375)

9時30分から開会式となり、参加者は1,000人を超えています。
002 (500x375)

川越市長をはじめ関係諸団体の方が挨拶された後、いよいよ聖火ランナーが入場です。

ランナーは元オリンピック選手6名と子供たち、代表して競泳の宮下さんが朝礼台に乗り、聖火台のトーチに点火、同時に私が10kg容器のバルブを開けると、オレンジ色の美しい炎が踊り始め、会場からはオー!と言う言葉と拍手が起こりました。
003 (500x375)

万が一点火しなかったらとドキドキしましたが、聖火は無事に点火、まずはひと安心。

いよいよイベントが始まります、今回は2.7kmのジョギングで始まり、オリンピック実施競技の体験、サッカー体験など、オリンピアンと一緒に体験します。
004 (375x500)

























続いて、オリンピアンのトークショーやサイン会など、午後1時までイベントは続き、その間も途中で炎が消えないか心配で、会場を離れる事が出来ませんでした。
005 (500x375)

イベント終了後は五輪のマークが入った聖火台が大人気で、当社のLPガスの炎をバックに親子の写真撮影がしばらく続いた後、イベントは無事終了いたしました。

十数年後には、参加した子供たちの中からオリンピック選手が出るかもしれませんよ!

楽しみにしています。
006 (375x500)

























【参加されたオリンピック選手は、競泳の宮下純一選手、伊藤華英選手、サッカーの酒井友之選手、新体操の畠山愛理選手、ウエイトリフティングの三宅宏美選手、バレーボールの山本隆弘選手】

イベントたけし
2018/05/17(Thu) | イベントたけし | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://busyusangyo.blog.fc2.com/tb.php/293-f38f17b0
前のページ ホームに戻る 次のページ