FC2ブログ
天王様(八坂神社例大祭)巡幸祭
夏の暑い日、川越氷川神社の八坂神社例大祭(天王様)が行われましたので、御旅所の一つ喜多町を取材いたしました。

八坂神社のお神輿は、厄除け・疫病退散・家内安全・商売繁盛・開運成就などを願いながら旧市内を広く巡幸します。

喜多町は御旅所27ヶ所中の24番目のため、午後2時30分頃の予定です。

そのため午前10時より町内役員や有志にて、喜多町会館に祭壇や提灯などを飾り付け、御旅所を作ります。
001 (500x375)

002 (500x376)

お神輿巡幸30分前、氷川神社の担当の方が祭壇の飾り付けや玉串法典の順序を確認に来ます。

祭壇は前年の写真を参考に作りますが、何故か毎回直されます。
003 (500x375)

予定時刻が近づくと、多くの人が集まって来ました。

ドンドンという太鼓の音がだんだん大きくなり、煌びやかなお神輿が会館前に、そして、天狗・お獅子に続き宮司が御旅所に入られました。
004 (500x376)

005 (500x375)

まずは天狗が御旅所に入りお祓いと赤いお守りを全員に、そしてお獅子が一人一人の頭をくわえ無病息災を祈ります。
006 (500x375)

式典が始まりました、宮司が祝詞を奏上いたします。

続いて自治会長など役員が玉串を奉奠、最後に参加者全員で拝礼しました。
007 (500x376)

宮司のお話では、八坂神社は元々喜多町の氏神様として町内に祀られていたもので、現在は氷川神社にてお祀りしてあること。

八坂神社の社紋がきゅうりの輪切りに似ており、天王様は水を治めると信仰され、水には河童、河童にはきゅうりとなり、きゅうりを2本お供えし、1本持帰り食べると、その夏を健康に過ごせるとのことでありました。
008 (500x375)

式典が終了しますと巡幸の方たちに冷たいお茶を振る舞います。

この日もとっても暑い日でしたので、喜んで飲んでいただきました。

その間、奥様方はお神輿に2本のきゅうりをお供えし、お祓いの済んだきゅうりを1本貰います。

これでこの夏は無病息災です。
009 (500x375)

010 (500x375)

昔から八坂神社例大祭の開催期間は三日間との事、今では簡略化が進み、三日間提灯に灯りを灯すことだけが引き継がれております。

この様な行事を守り、引き継ぐことは大変ですが、一つの目的のため皆が集まり行動することで、地域の活性化にも繋がりますので、是非続けて行ってもらいたいものです。

イベントたけし
2017/08/25(Fri) | イベントたけし | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://busyusangyo.blog.fc2.com/tb.php/279-a50e7105
前のページ ホームに戻る 次のページ