FC2ブログ
老袋の弓取式
今日は、非常に天気が良かったので、早起きをして埼玉県民族無形文化財である老袋の弓取式という行事を見てきました。

地域の行事はなかなか足が向かなかったのですが、今年は天気が良い事もあり初めて足を運んできました。

この行事は毎年2月11日に下老袋にある氷川神社にて行われ、その年の天候を占い五穀豊穣を祈る予祝行事だそうです。
001.jpg

002.jpg















































大勢の人が集まってきました。
003.jpg

004.jpg
















































神社にある賽銭を洗うところが、「心洗」と彫ってありました。
005.jpg

























やはり、神社だけに狛犬もいました。

上老袋・下老袋・中老袋・東本宿地区の代表の方が、子供であるユミトリッコ(地域にいる6歳までの長男をユミトリッコと呼びます)に代わり、境内に用意された的に矢を射るそうです。
006.jpg

























地区の代表の方が揃って矢を構えました。

季節毎に3本づつ矢を射りますが、白い部分に多く当たれば晴天が多く、黒い部分に多く当たると雨が多い年になると言われているそうです。
007.jpg

























近くに見えますが、的に当てるのは、難しいようです。
008.jpg

























放たれた矢を持ち帰ると、子供が丈夫に育つと言われているそうです。

弓取式が終わり、神主さんから今年の天候が発表されました。

「春は晴天が多く、夏はにわか雨に注意、秋晴れはあるが、台風に注意が必要。豊作の年だそうです。」

式の後、甘酒が配られました。

冷えた体に暖かい甘酒でホッとしました。

おいしい!
009.jpg

010.jpg

























そのあと、素朴で美味しい味の豆腐田楽も振る舞われました。

なんでも、参加者が一年間健康に過ごせるように祈願されているものだそうです。
011.jpg

























来年は是非、皆様も見学してみてはいかがでしょうか。

イベントたけし
2017/02/24(Fri) | イベントたけし | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://busyusangyo.blog.fc2.com/tb.php/257-f0dfa54d
前のページ ホームに戻る 次のページ