天然氷のスケート
今回は当社供給エリアでもある、ときがわ町の天然氷スケートリンク「上サ(かさ)・スケート場」に行ってまいりました。
001 (500x375)

毎年12月中旬に地元関係者(スケート部、体育協会、スポーツ推進委員、スポーツ協力員、地元消防団など)の協力により設営されています。

たくさんの人たちの温かい手で出来上がった「天然スケートリンク」は、冬の冷たい空気により立派なスケートリンクへと仕上げられます。

賑わいのあるスケートリンクにいざっっっヽ(^o^)丿!!!
002 (500x375)

本当に久々過ぎて、少し不安です(~_~;)

でも大丈夫!!!

貸し出しの椅子があり、借りて滑りました。
003 (375x500)

004 (375x500)
















































小さい子供でも安心。みんな、楽しそうに滑っています。

たくさん滑って疲れた後は・・・

都幾川四季彩館「都幾の湯」に立ち寄り、疲れをとってきました。
005 (500x500)

自宅に着くまで体もぽかぽかで、楽しい一日の締めくくりに最高でした!!

上サ(かさ)・スケート場は2月上旬までやっておりますので皆さん是非魅力いっぱいの、ときがわ町に行ってみてください。

観光案内など詳しくは、ときがわ町のホームページサイトを見てください♪

イベントたけし
2018/02/09(Fri) | イベントたけし | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
餅つき大会
12月に入りますと、年末行事がいろいろな町内で開催されます。

本日は、近隣の町内で「餅つき大会」が開かれていましたので、様子を見てきました。

朝10時半、秋の澄み切った空の下、伺った時間が早かったのでお客さんは少なめです。

会場に入りますとまず目に飛び込んで来たのが「味噌仕立てのうどん」美味しそう!
001 (375x500)

























もう少し奥に行ってみると、あんころ餅とからみ餅を一生懸命作っています。
002 (500x375)

本格的な杵つきです、ストックを作り終わると、次はお客様が順次呼ばれてつき始めました。

出来上がりが心配です。
003 (500x375)

見てください、見た目は美味しそうです。
004 (500x375)

お客様がだんだん増えてきて、もうすぐ席がいっぱいになりそうです。
005 (500x375)

スタッフの方が持って来てくれました。

これから試食します、チョット心配です。

でも予想に反し、うどんは温かく餅は良くついてあって滑らかです。
006 (500x375)

主催者の方に聞いたところ、これからお昼までの間に、500人の来客を予定とのこと。

大分混んできましたので邪魔にならないよう11時頃には会場を出ましたが、各ブースでは、長蛇の列となっていました。

美味しかったです、ありがとうございました。

イベントたけし
2018/01/22(Mon) | イベントたけし | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
小江戸川越ライトアップ2017
小江戸川越観光協会を中心に多くの団体、協賛企業によるイベントを覗いてきました。

大正浪漫通りから川越日高線の立門前通りにおいて「小江戸川越ライトアップ」が開催されました。
DSC_1777 (500x281)

「移ろう灯り」をコンセプトに夜の川越の賑わいが演出されてました。
DSC_1778 (500x281)

道路は装飾された間接照明で街中は賑やかに彩られ素敵な夜の雰囲気でした。
DSC_1780 (500x281)

連馨寺の参道も雪洞(ぼんぼり)で綺麗に彩られておりました。
DSC_1781 (500x281)

DSC_1782 (500x281)
  
埼玉りそな銀行川越支店は、川越市のシンボル的存在になっています。
DSC_1784 (281x500)

























素敵な夜景に目を癒された今宵となりました。

来年も楽しみにしたいと思います。

イベントたけし
2017/12/29(Fri) | イベントたけし | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
川越城富士見櫓跡
001 (281x500)

























川越城は長禄元年(1457年)に太田道真・道灌父子により築城され、上杉氏六代、北条氏四代の持城でありましたが、当時は江戸時代に比べると小さな居城だったそうです。

この城は、徳川の世となり松平信綱が城地を拡大し、八郭・三櫓・十二問を持つ親藩、譜代大名の居城となったことで有名になりました。

天守閣が無かった川越城には東北の隅に二重の虎櫓、本丸の北に菱櫓、西南の隅に三層の富士見櫓があって、城の中で一番高いところにあった富士見櫓が天守閣の代わりとなっていたそうです。
002 (281x500)

























今日では、木々や建築物の為、すっかり眺望も失われてしまいましたが、その昔はこの高台に立てば、富士見櫓の名の通り、富士山が望めたそうです。
004 (500x281)

本来、城の構造及び建造物は戦略上の都合もあり、その大部分は明らかにされることなく、正確な規模は分からないのですが、江戸末期の慶応二年に川越城を測量した記録によれば、この富士見櫓は長さ八間三尺(約15メートル)、横幅八間(約14メートル)あったと記されているそうです。
005 (500x281)

006 (500x281)

007 (500x281)

頂上付近には、御嶽神社、浅間神社、富士見稲荷の3社が祀られていました。
008 (500x281)

現在、富士見櫓跡の高台に登る事はできますが、残念ながら櫓らしいものは何も残されていません。

明治維新後の廃藩置県にて堀は埋められ、土塁は壊されてしまったそうです。

郷土の歴史に興味がある方は、是非足を運んでみて下さい。

イベントたけし
2017/12/01(Fri) | イベントたけし | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
ビルトインコンロ商品説明会
先日社内でビルトインコンロの新商品説明会が開催されましたのでご紹介します。
001 (500x375)

初めに、メーカーの担当者様より商品説明が行われました。

今回の説明会は、機能性が向上したコンロとグリル調理に使用する「ココットプレート」というグリル内で使用するプレートの紹介です。
002 (500x375)

実際に、炊飯鍋を使用しての炊飯と、ココットプレートを使用して秋刀魚を焼きます。
003 (500x375)

焼き網の代わりにココットプレートに秋刀魚をいれます。

このプレートごとグリルの中に入れて焼きます。

焼き方は、簡単!! コンロに内蔵されているオートメニューでお好みの焼き加減を設定すれば、自動で焼き上げます。
004 (500x375)

一番小さいバーナーでご飯が自動で炊き上がります。
005 (500x375)

あっという間に、秋刀魚が焼きあがりました。

プレートを使用しても直火でこんがりとおいしそうに焼きあがりました。
006 (500x375)

プレートを使用することで油の飛び散りが抑えられ、グリル内にもよごれがほとんどありません。
007 (500x375)

これだけ汚れがなければ、後片付けの面倒もなくお手入れが簡単です。
008 (500x375)

ご飯が炊きあがりました。

今回は、混ぜご飯です。

炊き上がりをみんなでおいしくいただきました。
009 (500x375)

今回ご紹介しました、ビルトインコンロとココットプレート。

コンロのお取替えも短時間で完了します。

お気軽に当社まで、お声かけください。

リンナイホームページ
イベントたけし
2017/11/24(Fri) | イベントたけし | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
ホームに戻る 次のページ