FC2ブログ
蛍の光
関東も梅雨入りとなり、気鬱な天気が続きます。
気分転換も兼ねて、6月16日に川越市の喜多院で開催された、川越ライオンズクラブ主催のほたる鑑賞会に出かけてみました。
先着1,000名にうちわが配られます。
夕方頃を境に、来場者が増えてきました。
蛍の光1 (375x500)
蛍の光2 (240x320)








































喜多院の敷地内から、仙波東照宮へ繋がる途中に、蛍のゲージが用意されていました。
ビニールハウスのような作りですが、中にはホタルがたくさんいます。
蛍の光3 (240x320)
















本当に小さく、はかない光に感じます。
蛍は地域によって光る頻度が異なり、関東では約4秒に1度光るそうです。
蛍の光4 (375x500)
蛍の光5 (375x500)

















































携帯電話のカメラではこれが限界でした。
40年程前までは清水が湧き、弁天池周辺でも自然の蛍が見られたようです。
現在では愛護会の方々の飼育で保護を行い、このように観賞できる催しを行っています。
現在では蛍を見る機会は少なく、子供たちには貴重な体験となります。
いつか自然の蛍を再び見られるよう、改めて環境について考える機会にもなりました。


イベントたけし
2019/07/19(Fri) | イベントたけし | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
忍城
梅雨の中休み!晴れ間を見つけて、当社供給エリアである埼玉県行田市の忍城(おしじょう)に行ってきました。
行田市といえば、昔から足袋の町としても有名です。少し前のTVドラマでも取り上げられ、知名度が高くなりました。そしてやはり、この歴史ある建造物は見逃せないでしょう。
この門から中に入ります!
忍城1
忍城は1478年、成田氏によって築城され明治維新で廃城されるまで、数百年の長きにわたり行田を見守ってきた城です。現在のお城は昭和63年、郷土博物館と共に再建されました。
石田三成の水攻めにも耐え、落城しなかったことにあやかって受験生のお守りにもなっています。
忍城2
門をくぐった城下には忍城の歴史が一目でわかる看板がありました。
忍城3
更に行田市郷土博物館を見学。忍城のことだけではなく行田市が歩んできた様々な文化等も学ぶことが出来、その歴史に思いを馳せます。
忍城4
一通り見学した後は、近くのカフェ「閑居」でコーヒーブレイク!
忍城5
昭和初期のたたずまいをそのままに、落ち着いた雰囲気の中でしばし歓談です!
忍城6

























日帰り散歩にはちょうどいいスポットです! 是非!


イベントたけし
2019/07/10(Wed) | イベントたけし | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
新座プチマルシェ
梅雨の晴れ間に新座プチマルシェへ行ってきました。
新座プチマルシェ1 (375x500)

























招きたぬきの親子がお出迎えしてくれました。
新座プチマルシェ2 (500x375)
場内はたいへんなにぎわいでした。
まずは腹ごしらえをすることに。
新座プチマルシェ3 (375x500)

























アボカドバーガーも自家製ベーコンバーガーも大変魅力的だったのですが、
残念ながら売り切れていました。
新座プチマルシェ4 (500x375)
やむなく選んだチーズーバーガーでしたが、溶けたチェダーチーズが厚いパティに乗っていて
健康診断前には罪な味でしたが大変美味でした。
おしゃれな手作り雑貨が並ぶ中、子供たちは宝探しに夢中でした。
新座プチマルシェ5 (375x500)

























宝の地図を頼りに宝箱を探して開けると、中から新座に関する問題が出てきて回答していくスタイルです。
問題がなかなか難しく、子供から相談を受けましたが詰まってしまい、こっそり答えをスマホで検索しました。
新座プチマルシェ6 (500x375)
会場中央に大木がそびえ立っていたのですが、それが良い木陰を作ってくれていました。
その大木に子供向けカットの看板がかかっていて何とも味がありました。
看板に誘われていったら動物がハサミを持っていらっしゃいと出迎えてくれそうな雰囲気です。
新座プチマルシェ7 (375x500)

























子の努力と親の少しのズルで無事に宝探しの報酬をもらうことができました。
また機会があれば参加したいと思います。


イベントたけし
2019/06/20(Thu) | イベントたけし | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
新座だちょう牧場
先日、新座市にあるだちょう牧場に行ってきました。
だちょうを間近に見たり、100円で購入すれば直接えさをあげたりすることもできます。
だちょう1 (500x375)
早速寄っていって見てみましたが、すごい迫力です。
だちょう2 (500x375)
えさを購入してみましたが、力と勢いでエサの入っていたバケツごと持っていかれてしまいました。
だちょう3 (375x500)

























あまりの迫力に子供たちも若干退いています。
今までの鳥類とのふれあいといえば手のひら位のヒヨコ程度だったので
2mと急なサイズ感になかなかえさをあげようとしませんでした。
だちょう4 (375x500)

























身長180cmで目が合います。
柵越しだから対峙できますが、急に出くわしたら恐ろしくて逃げ出してしまいます。
時速が60kmぐらい出るそうなので逃げ切れませんが。
だちょう5 (500x375)
牧場内では大きな卵をさわることができたり、だちょうの卵で作られたアイスや卵そのものが購入できたりします。
買って巨大なたまごやきをお家で作ることもできますね。
だちょうの他にもエミューやうさぎなどともふれあうことができます。
無料で見学をすることができますので、近くにお寄りの際は覗いてみてはいかがでしょうか。


イベントたけし

2019/06/06(Thu) | イベントたけし | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
連馨寺・喜多院の桜
川越市内に沢山ある桜のお花見スポットの中から、今回は連馨寺(れんけいじ)をご紹介します。
れんけいじ1 (373x500)

























昨年は桜の開花が早かったですね。
桜の季節以外でも、広場では日曜マーケットの開催があったり、お祭りの時には露天商が所狭しと集まる人気のスポットです。
れんけいじ2 (373x500)

























こちらは「おびんつる様」です。体の悪い所と同じ個所をなでると、良くなると言われています。
私は迷うことなく、「頭部」をなでさせていただきました。
れんけいじ3 (373x500)

























この日は本当に天気がよく、敷地内にあるお団子屋さんも盛況でした。
西武新宿線本川越駅から徒歩で約10分ちょっとでのすので、一度遊びに出かけてみてはいかがでしょうか。
れんけいじ4 (373x500)

























もう一か所、喜多院(きたいん)の桜をご紹介します。
喜多院の歴史は奈良時代まで遡りますが、特に通名なのが、天海僧正が法灯を継ぎ、川越大火で焼失後、徳川家光公が江戸城紅葉山(皇居)の別殿を移築、これが家光誕生の間と春日局化粧の間ということになります。
れんけいじ5 (373x500)

























川越の観光スポット喜多院は、季節を問わず沢山の観光の人で賑わっています。
近年では海外からの観光客も多くなりました。
れんけいじ6 (373x500)

























この日は平日でしたが、早い時間から花見を楽しむ人々でいっぱいでした。
あっという間に散る桜ですが、季節の移ろいを肌で感じる一瞬を日本人は大切にしているのですね。
海外の人にもこの感性が伝わっていたように感じた穏やかな日和でした。


イベントたけし
2019/04/04(Thu) | イベントたけし | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
ホームに戻る 次のページ